息子達と母の日記☆中学受験へ☆

2人の息子達。自由、マイペース。2021年、2023年中学受験へ向けて、毎日の勉強の記録と生活の日記です。

中学受験合格体験記を読むと、涙腺が緩んでしまう。

息子が通っている、SAPIX(塾)でもらった

合格体験記を久しぶりに読んでみました。   

 

合格にも色んな形があり、ドラマがあります。

みんな、本当に頑張って勉強した事を考えると涙が出てきてしまいました。

 

1年生からSAPIXに入塾し、6年間通った人。

6年生の5月に入塾テストを受け、不合格だった為、次の月にもう一度受け直し、ギリギリでSAPIXに入塾した人。

偏差値38から難関校へ合格した人。

両親が働いていて、全く勉強を見られない状況の中、自分で頑張った人。

 

中学受験に親がどの様に関わっていったら良いのか、考えさせられました。

 

保護者の方の言葉で、 

子供の1番のマネージャーになること。

親の受験ではなく、子供の受験。

勉強に集中できる環境作り。

間違えた時こそ、やる事が定まってラッキーと思った。

等など、『その通りだなー』

と思う事がたくさん書いてありました。

 

そして、合格を知った時は、震えが止まらなかった。

涙が出た。

不合格は、縁がなかった。勉強してきた事は無駄にはならない。財産になる。

等。

 

全ての人に共通していたのは、

子供を信じて見守ること。

SAPIXの先生を信頼して、付いていけば、

結果も付いてくる!

困った時は、SAPIXの先生に相談を!

と。

 

息子にとっては、まだまだ先の話と思ってしまいますが、色んな方の話しを参考に、親も勉強していきたいです。

 

さっそく、なかなか勉強をしない息子にどの様に関わっていったら良いのか、相談してみようかと、思います。

昆虫好きで、外で遊ばせておくままで良いのか。良いアドバイスがいただけたら報告します!