息子達と母の日記☆中学受験へ☆

2人の息子達。自由、マイペース。2021年、2023年中学受験へ向けて、毎日の勉強の記録と生活の日記です。

息子の音読を聞いて涙

3年生の兄。 

日曜日の夜になって、宿題やってなかった!

と言い出しました。

弟が遊んでいる中、焦って宿題をしている兄。

漢字、計算ドリルを終わらせ、

音読を始めました。

 

『ちいちゃんのかげおくり』

 

今日は最後まで読む。という宿題。

 

息子は、早く終わらせたくて、あまり気持ちが入っていない読み方。 

私は、最後はどうなるのかな〜〜と、真剣に聞いていました。

戦争へ行ってしまったお父さん。

空襲から逃げている時に、離れ離れになってし

まった、お母さんとお兄ちゃん。

主人公のちぃちゃんは、お母さんとお兄ちゃんを待ちながら、1人でさみしい日を過ごします。

私は、最後みんな無事に戻ってきて、終わる事を勝手に想像していました。

 

すると、衝撃の結末。

 

1人で家族の帰りを待っていたちいちゃんも

空襲で亡くなってしまうのです。

天国で、やっと家族に会える。

という話。

 

音読を終えて、顔をあげた息子は

私を見てビックリ!!

 

え? 

泣いてる。。。

 

弟も、笑いながら 

『お母さん、泣いてる!!』

 

いや〜〜。

まさかの結末に涙を止めることができませんでした。

 

『これ、先生授業しながら、泣いちゃうね!』

と言ってみましたが、

『泣くわけないじゃん』

と言われました。

 

戦争は辛いですね。

小さな子が、1人で寂しい時間を過ごした事を思うと、涙が出てきました。

 

息子達は、理解できているのかな?

主人は、前回息子の音読を聞いた時に

戦争について、色んな話をした様です。   

少しでも、息子達に響いています様に。