息子達と母の日記☆中学受験へ☆

2人の息子達。自由、マイペース。2021年、2023年中学受験へ向けて、毎日の勉強の記録と生活の日記です。

御三家、灘中、合格率日本一!!!

予想外の記事を見つけました!

というのは、

難関中学に合格する子の家は

片付いているのか?

調べてみると、

意外と片付いていないらしい。

 

『 御三家、灘中、合格率日本一の家庭教師が教える、頭のいい子の育て方』

の著者 西村則康氏の話では、

生活感のない部屋よりも、

生活感のある、適度に散らかった部屋の方が

そこで勉強する子の成績が伸びやすいそうです。

 

なぜ?

 

生活感のある、情報量の多い部屋の方が

記憶効率が上がる。

 

様々なものが置かれている事で、好奇心が刺激され、能動的に勉強する気力が沸いてくる。

 

リビングでの生活音、良いらしい。

 

 ただし、リビングで勉強する際、

うるさすぎはダメ。

好きなテレビや音楽をかけてしまうと集中出来ないので、注意が必要とのこと。

 

ちなみに、リビングに本棚があるのが

良いらしい。

頭の良い子の家は、

リビングに図鑑や地球儀が散らばっている。

 

 我が家。

本棚、リビングにあります。

図鑑、いつも出ています。

適度に散らかっています(笑)!

 

片付けしなきゃ!! 

と思い、調べ始めたら、

意外や意外。

 

このままで良い?

いえいえ。

我が家はダメです。
ある程度は片付いていないと、息子の忘れ物がなくならない。

ある程度は片付いている家は、
図鑑が散らかっていても良い!
ということですよね。

息子達が、忘れ物をしない程度に
机の周り、整理整頓します!

 

御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方

御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方