息子達と母の日記☆中学受験へ☆

2人の息子達。自由、マイペース。2021年、2023年中学受験へ向けて、毎日の勉強の記録と生活の日記です。

東大生の親の習慣!

『勉強しなさい!』

と、言ったことはありません。

 

東大生の親がよく言うコメントです。

テレビや雑誌でよく見ます?

 

本当に?

 

疑いたくなります。

 

プレジデントFamily

に、こんな記事がありました。

 

【東大生173人にアンケート

学力を伸ばすたった1つの親の習慣】

 

気になる!!

 何?何?

 

それは、子供の話を聞くこと

 

え?!

それだけなの?!

と、思ってしまいました。

 

話を聞くと、なぜ学力が伸びるのか?

 

『話を聞く』という、家族のコミュニケーションは、親子の愛着関係が高まり、

子供の精神状態が安定する。

まずは、心の安定がスタートライン。

 

家族のコミュニケーションがしっかりしている子は、何かのきっかけで、探究心などの学習意欲が高まる。

学習意欲が高まると、自主的な学習習慣が身につき、学力向上へとつながる様です。

 

なるほど〜〜。

心が安定していることが大前提なのですね。

 

さらに、もう1つ!

朝食習慣!

朝食で、おかずを食べている子。

平均54%。

東大生は、82%。

主食だけでは、脳が働かないらしい。

タンパク質やビタミンなどの栄養素を同時に取ることが大切!!

 

ちなみに、東大生の親の聞く工夫

食事の時間

どんなに忙しくても夕食は家族全員。

テレビはつけない。  

料理を一緒にした。

 

 

お風呂の時間

1日の話をした。

まじめな話をした。

 

移動の時間

塾の帰り、話しながら帰った。

 

 

1日10分でいいから、子供に向き合う時間をつくろう。

 

何も、難しい事はしなくて良いのですね。

勉強を見るのではなく、話を聞く。

 

1日10分、難しくはないです!

テレビやスマホを観ている時間、

10分以上あります。

この時間、子供に使ってみよう!!

 

勉強しなさい!

を言わずに済む日が来るのか、 

楽しみです!!

 

 

 

 

プレジデントFamily(ファミリー)2017年10月号(2017秋号:東大生179人の小学生時代)