息子達と母の日記☆中学受験へ☆

2人の息子達。自由、マイペース。2021年、2023年中学受験へ向けて、毎日の勉強の記録と生活の日記です。

開成中の入試当日

以前SAPIXから頂いた、中学受験ドキュメントを読みました。

 

各校の受験当日の様子が書かれています。

読むだけで、ドキドキして涙が出てきそうです。

 

6年生は、もうすぐですね。

 

開成中の入試当日の様子。

2月1日。

昨年は、定員300名のところ、

応募者1195名。

受験者1142名。

合格者395名。

倍率2.9倍。

 

受験者の平均点181.5点。

合格者の平均点212.8点。

合格者の最低点、310点中195点。

 

 

早朝から、複数のテレビ局や新聞記者が

校門付近にいる。

開門は、7時。

試験教室への誘導は7時半過ぎ。

 

真冬に外で待つのは寒そう。

 

ちょうど良い時間に到着したいですね。

塾の先生から激励を受けて、受付のある校舎へと進む。

保護者とはここで、お別れ。

受付では、中2生が試験教室に案内してくれる。

9時から、1時間目の国語がスタート。

 

ふぅ〜〜。

考えると胃が痛くなりそうです。

 

保護者は、控え室で待機する方が多いそうです。

 

開成の文化祭へ行ったので、なんとなく想像できます。

 

近所の6年生の友達は、今本当に頑張っています。お母さんも忙しそうです。

 

息子達は、まだ先の話ですが、

月日が経つのは早いです。

 

毎日、少しずつ成長して、

息子が憧れている開成中を目指せるレベルに達して欲しいです。

私はサポートがんばります!