息子達と母の日記☆中学受験へ☆

SAPIX等大手進学塾から転塾し地元の小規模塾へ通っていた兄(2021年中学受験終了)。弟は2023年中学受験へ向けて、兄と同じ地元の小規模塾で勝負してみます。

息子達の憧れの6年生

友人に、新6年生の男の子がいます。

この子は、我が家の息子達の憧れの存在。

同じそろばん教室に通っています。

 

既に算盤検定では段を持っていて

計算は暗算でできる。

SAPIXのクラスはもちろん

最上位αクラス。

 

先日、お母さんと話す機会があり、

SAPIXの話になりました。

 

『SAPIXの同じクラスに2人、

どうしても、計算で勝てない子がいる。

その2人もそろばんを習っていて、

段を持っている。』

と言っていました。

 

やっぱり、暗算ができるといいなぁ〜〜

と思いました。

暗算は訓練しかない。

とのこと。

 

毎日練習したら

絶対に力になります。

と、そろばんの先生は言っていました。

 

そうか。。。

毎日。。。

 

最近の息子のスケジュールを見ると、

これ以上は増やせない。

(テキパキとやれば、時間はあります。息子達は、ダラダラやるので、なかなか時間が取れないのです。)

でも、そろばんやりたい!

と自分から言う日もあります。

 

ちなみに、

そろばん3級の練習をしている息子達。

(兄弟が同じ級になってしまいました。)

 

応用計算が入ってきて、弟には厳しい。

兄は、SAPIXでもやっている様な計算。

f:id:syouryou:20180219123040j:image

 

とにかく、練習するしかない。

毎日の日課にできるかな。

できたら良いな〜

と思っています。

 

憧れの6年生を目標に

頑張ってもらいたいです。