息子達と母の日記☆中学受験へ☆

SAPIX等大手進学塾から転塾し地元の小規模塾へ通っていた兄(2021年中学受験終了)。弟は2023年中学受験へ向けて、兄と同じ地元の小規模塾で勝負してみます。

偏差値60と、偏差値40の違い

我が家の兄弟の違いについて、考えてみました。

 

同じ様に接していても、全然違う2人。

比べたらいけない。といいますが、

比べてみました(笑)

 

兄は3年から入塾。

勉強の習慣もない子をいきなりSAPIXに入れてしまい、

順位は後ろから数えた方が早い。。という状態。

(ここで、劣等感を感じてしまったかもしれません。)

それでも、毎週の課題に追われ勉強の毎日。

完全に、やらされている。。。

でも、『やめたくない』と言うので、

最後まで続けました。

 

そんな中弟は。。。。

遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ。

3年生までは

勉強はほぼしていない。

遊びから帰宅した後は

そろばんと、思考力系のテキストを

楽しみながらやっていただけ。

 

ここに、大きな違いがあった様に思えます。

低学年の頃の過ごし方ですよね。

 

そろばんで、計算力を身に着けた弟。

勉強という感覚ではなく、

時間をかけて

じっくり考える思考力系の問題を解く。

解けた時の達成感から、算数が好きになる。

自信もつく。

 

。。。。。。

 

兄にはやらせてあげなかった。。。。

 

ごめんね。。。という感じです。

 

 

 

中学受験のスタートは完全に弟の方が良いです。

が、、、

兄も第一志望の私立中学にどうにか合格できています。

大好きな生物部に入部することを決め、

生物オリンピックを目指す!と言っています。

兄の武器は、生物。

塾の先生にも『彼の生物は、すごい!』と

先日言われました(笑)

生物だけは誰にも負けたくない!という

強い気持ちもある様です。

暇さえあれば図鑑や本を読んでいます。

好きな事に熱中する力は兄の方が上の様な気もします。

 

もう一つ、違うところは、

理解しようとする気持ち。

 

わからない問題を主人と勉強している時、

兄は、最後まで聞いているだけ、

(その間、ボーっとしていることも多い)

弟は、教えないでほしい。少しだけヒントくれたら、

自分で考えたい!

という。

全然違うんです。

 

これらの違いが、

スタート時の偏差値の違いに表れています。

 

中学受験だけではなく、

将来的に、

 

全然違う二人がどうなっていくのか、

楽しみです。

 

 

 

応援お願いします

↓↓↓

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験ランキング