息子達と母の日記☆中学受験へ☆

SAPIX等大手進学塾から転塾し地元の小規模塾へ通っていた兄(2021年中学受験終了)。弟は2023年中学受験へ向けて、兄と同じ地元の小規模塾で勝負してみます。

御三家に合格した子が5年生だった時

またまた、塾の先生と話してきました。

 

小さな塾なので、お迎えの時に来る

保護者の数も少ないのです。

 

先生と話ができる機会はたくさんあります。

 

『〇〇君(今年御三家に合格した子)は、

5年生の時、どうだったんですか?
応用問題もスラスラ解いていましたか?』

 

と聞いてみました。

 

すると

『いえいえ、彼は算数苦手だったんですよ

他の教科はできていましたけど。』

『息子さんは、、、国語!!

国語、上げてもらえれば。。。。。』

 

と言われました。

 

国語が苦手。。。。

その通りです。

 

ただ、この地元の塾。

国語の先生が素晴らしいのです。

 

兄は、入試直前まで過去問を毎日添削して

アドバイスをもらっていました。

本当に、熱心で心がこもった、優しい先生なのです。

 

弟も、この国語の先生の言うとおりに

頑張っていこうと思っています。

 

 

 

 

 

 応援お願いします。

↓↓↓

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験ランキング