息子達と母の日記☆中学受験へ☆

SAPIX等大手進学塾から転塾し地元の小規模塾へ通っていた兄(2021年中学受験終了)。弟は2023年中学受験へ向けて、兄と同じ地元の小規模塾で勝負してみます。

駒場東邦

四谷偏差値66

 

2021年の受験は、

623名受験して

合格者は285名。

 

合格のカギは、

算数なのかな。

 

今年の入試結果を見ると、

国語、理科、社会の

受験者の平均点と合格者の平均点の差は

だいたい各教科5点~6点位。

 

算数は、約12点もの差があります。

 

過去問見ていないので全くわかりませんが、

途中式で、点数をくれる、と聞いたことがあります。

 

だから、

『式は大切!!』

と、息子に何度も言っています。

 

今年は、駒場東邦を受験した子が

周りにたくさんいたので、

とても人気の学校なんだ~というイメージ

ですが、本当に、受験者は増えているんですね。

 

受験者数

2017年 514名

2018年 500名

2019年 527名

2020年 576名

2021年 623名

 

塾の先生は、合格発表が2月2日なので、

3日の受験の選択ができる、という理由で

駒場東邦を受験する子もいます。

 

と言っていました。

 

確かに、受験スケジュールって

重要ですよね。

 

行きたい学校を

受験できる様に、

日々の努力をしっかりしてもらいたいと思います。

 

 

 

頑張れ~弟。

 

応援お願いします。

↓↓↓

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験ランキング